HOMEEarth Caravanとは > 活動実績

活動実績

2016年

概要

2016年4月14日、世界で最初の被爆国である日本から、平和への願いを世界に伝えるために、広島原爆の残り火である「平和の火」と長崎の「被爆樹の苗」を携え、アースキャラバン2016がスタートしました。
長崎市議会前広場で田上長崎市長をお迎えし「Earth Caravan 2016ピースサイクリング出発式」が行われ、メインサイクリストのイギリス人女性スーザン・エディさん及び長崎大4年生で被爆三世の中村圭輔さんが長崎市役所前をスタート。その日の夜に熊本地震に遭遇しながら、無事広島市に到着。広島市役所を訪問し室田副市長や広島市職員の皆様と歓談、記念品を贈られました。その後、尾道では平谷尾道市長を表敬訪問し、加古川を経て、アースキャラバン京都において、特設ブースやステージで「平和の火」と「被爆樹の苗」が紹介されました。
アースキャラバンは5月31日、カナダ・トロント市庁舎前で平和イベントを行い、訪れたトロント市長John Tory氏に被爆樹の種を手渡し、広島・長崎・尾道市長からのアースキャラバンへのメッセージを披露しました。
8月2日、中東・イスラエルへと移動、スタディツアーとしてイスラエルのマイノリティの村やパレスチナの難民キャンプにある知的障がいの子どもたちの施設や孤児院、イスラエルに奪われた土地の返却を求める村の活動の場に足を運びました。パレスチナ自治区内のベツレヘムでは、「ベツレヘム・フェスティバル」に4日間にわたり参加。ゲストにベツレヘム副市長イッサム・ユハ氏、在パレスチナ日本大使代理の間瀬氏、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の清田明宏氏らを迎え、代表の遠藤喨及より、広島・長崎・尾道市長からお預かりした平和のメッセージとともに被爆樹の種を贈りました。8月9日の長崎原爆投下の日には、エルサレムの地でピースウォークを行い、4つの宗教(イスラム教、キリスト教、ユダヤ教、仏教)の宗教者が、宗教の壁を超えて共に世界の平和を誓い合いました。8月15日カナダ・ケベック、9月22日浜松、24日、25日東京でイベントを行い、「アースキャラバン2016」は幕を閉じました。
Earth Caravan2016 Webページ>>
Earth Caravan2016 報告書PDF>>

支援先

【1】パレスチナ支援
【2】バングラディシュ支援
【3】シリア支援
【4】熊本地震被災地支援
【5】その他国内支援
【支援総額】940,136円(※1ドル113円で換算)
支援先の詳細はこちら>>

後援

広島県、広島市、長崎市、京都市、尾道市、江東区、朝日新聞社、毎日新聞社、京都新聞、中國新聞社、長崎新聞社、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、NBC長崎放送、(公財)広島観光コンベンションビューロー、(一社)江東区観光協会、(一社)尾道観光協会

協賛

(株)ボーソレイユ、丸松木材株式会社、浜田市、(株)健康ライフ、(株)アンデックス・スポーツサイクル事業部、(株)ごとう、(株)寺田本家、(有)AMA Japan、(株)朝倉製作所、沖縄物産 真南風、はなみずき鍼灸マッサージ治療院、(福)聖救主福祉会まこと保育園、日本国際テコンドー協会、MAGAM PROJECT ほか

2015年

概要

戦後70年目の節目あたる2015年夏、広島からエルサレムまで、原爆の残り火「平和の火」を携え、世界8か国を巡礼し、平和と祈りのコンサートやイベントを行う「アースキャラバン」がスタートしました。京都を経て東京までの約1000kmを「ピースサイクリング」として自転車で運び、その後、空路ヨーロッパへ飛び、アウシュヴィッツなどヨーロッパの戦災遺構で、現地の人々と共に平和の祈りを捧げました。 また、今回は世界で初めて、今なお困難な状況が続いているパレスチナ及びイスラエルに、「平和の火」を届けることができました。中東の聖地エルサレムでは、世界の4つの宗教の宗教者が一同に会し、人類平和のための祈りと声明を発表。
各地で相互理解のための場の創造としてピース・コンサート、ピース・アートギャラリー、18ヶ国の人々が歌うテーマソング「Share」や4大宗教融合ソングの合唱、平和への祈り、を行いました。「アースキャラバン2015」では、相互理解のための場の創造、祈り(平和への願いと戦争犠牲者への祈り)、戦争で傷ついた人々への支援、を3つの柱としました。
2015年活動実績詳細はこちら>>
2015年プレスリリース>>
Earth Caravan2015 Webサイト>>

支援先

【シリア難民への支援】(総額1500ユーロ=約¥202,500)
【ガザへの支援】(総額1500ドル=約¥185,000)
【ルワンダへの支援】1000ユーロ(約 \123,000)
【ネパール災害支援】¥100,000
支援先の詳細はこちら>>

賛同者の方々(敬称略)


吉永 小百合(俳優), 高橋 源一郎(作家), 辻 信一(文化人類学者), 鶴見 辰吾(俳優) ,イゼルディン・アブエライーシュ(医師),枝元 なほみ(料理研究家) , めんどぅーさ(漫画家), 相原 正明(写真家) , アイリーン・美緒子・スミス(環境ジャーナリスト) , 金大偉(映像作家・音楽家) , クリス・モズデル(作詞家) , 白石 真澄(評論家 関西大学 教授) , ブライアン・ウイリアムズ(画家) , ベニシア・スタンリー・スミス(ハーブ研究家) , マニ・マーティン(ミュージシャン) , 鎌仲 ひとみ (映像作家) , カンベンガ・マリールイズ (NPO法人ルワンダの教育を考える会 理事長) , アーサー・ビナード(詩人) , 志葉玲(ジャーナリスト), 川副 春海(浄土宗平和協会事務局長) , 枝木 美香(アーユス仏教国際協力ネットワーク事務局長) , マジィン・クイムシエ(ベツレヘム大学教授) , 中村 行子(元TV局日本語番組プロデューサー) , ジョナサン・ワッツ(アジア仏教センター特別研究員) , 佐々木 祐滋(NPO法人SADAKO LEGACY副代表 シンガーソングライター) , 河野 秀海(一般社団法人 森になる代表理事) , 藤井 真知子(NPO法人たからばこ副理事長) , ロバート・レフコート(弁護士), 國井 隆英(医師) , クライブ・フランス(ジャーナリスト) , 河野 康弘(ジャズピアニスト) , マーティン・シュミツッファー(医師) , 橋元 大和(スタイリスト・ヘア&メイクアーティスト) , 湯浅 正恵(広島市立大学 教授) , 内田 ボブ(ミュージシャン) , ヨシダ ダイキチ(シタール奏者) , 守田 敏也(フリーライター) , 下川 裕治(京都府) , ガイ・ダビディ(映画監督) , スティーブン・リーパー(翻訳家・前財団法人広島平和文化センター理事長) , 岡野 弘幹(作曲家、音楽プロデューサー) , 蔵前 仁一(作家・グラフィックデザイナー) , 伊藤 華野(ヨーガ・インストラクター) , ワジラ・ワンサ(浄土宗ハワイ総監) , いしいしんじ(作家) , 大岡 亜紀(画家・詩人) , 石田 芳道(ドドん 僧侶タレント), 天川 彩(脚本家・プロデューサー), 石井 真美(自然医師), 藤田 一照(曹洞宗国際センター所長), ソーヤー・海(共生革命家), 伊藤 憲代(広島被爆一世),信恵 勝彦(尾道「れいこう堂」店長) , 石田 大介(ミュージシャン) , 太田 シノブ(音楽家), 麓 俊貴(広島県), 早坂 潔(べてるの家 理事) ,向谷地 宣明(べてる式当事者研究室 室長) , HAOW(SingerSongWriter),高繁 勝彦(冒険家・アドヴェンチャー・ランナー),池末 信(ゴスペルディレクター)ほか。 賛同者数:391名 2015年8月23日現在

後援

広島市、長崎市、京都市、東京都港区、駐日パレスチナ常駐代表部、中國新聞、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、毎日新聞社、朝日新聞東京総局、京都新聞社、KBS京都、エフエム京都、(公財)広島観光コンベンションビューロー、(公財)ひろしま国際センター、(一社)広島県観光連盟、(公財)京都府国際センター ほか

主催・共催・協力団体

【主 催】特定非営利活動法人アースキャラバン(旧・ユニ)※
【共 催】浄土宗平和協会(国内)
【協 力】公益財団法人浄土宗ともいき財団

※2016年3月1日付で法人名称が変わりました。


ページ
TOP